森の風

「有限会社 在宅支援チーム フォーレスト」のブログです。
訪問看護(含訪問リハビリ)、福祉用具貸与、自助具作成支援通所介護・・・といった当社での活動記録を掲載しております。

※掲載されている写真は、個人情報保護法に基づき許可を得て掲載されています。


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
雪国の朝
雪国での朝は、目を覚ます時に外の状態が布団の中で分かります。
シンシンと静かな朝だと、外は大雪が積もっています。
雪は厚い布団のように家の周りを包み込み、この厚い雪は、
消音効果が抜群で、音という音を全て吸収してしまうのです。
そのため、雪の朝は静かで、生活音や雑音がまったく聞こえません。
雪国で騒音の無い静かな朝をゆっくりと満喫することはできません。
雪国では朝やることがたくさんあるのです。
まず、玄関と駐車場の雪かきがあります。
これを、やらないと外に出れないのです。
ですから、老人だけの家は大変です。雪の埋もれてしまいます。
雪国では、生活道路を確保する為に、朝の通勤時間に間に合うように
真夜中、ブルドーザーが街中を通り、除雪しています。その為に
除雪され道路の脇に押しやられた、雪と氷の塊は玄関や駐車場の前に
山となり積み残されるのです。
そこで、朝起きたら、玄関と駐車場の雪かきが雪国の朝の作業なのです。

津軽の人
| 55歳♂PTのつぶやき… | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゆでがえる
 プロフィール
性別 男性
出身 青森県
年齢 55歳
血液型 AB型
星座  獅子座
職種  理学療法士

あるビジネス雑誌にでた記事を紹介します。「ゆでがえる」という記事です。
ビジネスの世界では「ゆでガエル理論」なるものがよく言われているそうです。
熱いお湯に、カエルを入れると驚いて飛び跳ねる。
ところが常温の水の中に入れ、じょじょに熱していくとその水温に慣れてゆく。
そして、熱湯になったときは、もはや跳躍する力を失い
飛び上がる事が出来ずに茹で上がってしまうというのです。
私は、この茹で上がったカエルを笑うことはできません。
慣れた環境に浸りすぎて、環境に気付かず、変化を感知した時は
遅すぎて手が打てなくなってしまうのです。
これは、時代の流れが一刻一刻と変化する社会においても同様です。
過去の神話は崩れ去り、生き残り競争に必死です。
そして波は間違いなく押し寄せています。
それに対処するには、自分を見つめ世の中に適応してゆくことですが・・・・
私を含め、同年代の多くの人が流されていないでしょうか?
いや、流されていることすら自覚できてないかもしれません。
| 55歳♂PTのつぶやき… | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |